精力剤で勃起力が高まる仕組み


精力剤で勃起力が高まる仕組み

ほとんどの精力剤は「血行を促進することでペニスに血が流れやすくなって、勃起を助ける」という効果をもたらしてくれます。

そのためにはもっぱら「アルギニン」という成分が配合されており、基本的にはアルギニンの配合量で効果も変わると考えて良いです。

ここで注目したいのはアルギニンが血管内で一酸化窒素(NO)を作り出す働きです。

NOは血管を拡張する効果があり、血管が広がった分だけ流れる血液の量が増えるので、ペニスにも血が行き渡りやすくなる・・・と考えてください。

「ペニスに血液が届くと勃起できる」と言われても実感がわきにくいかもしれませんが、勃起したペニスを触って熱く感じるのはそこに血がたぎっている証拠です。

逆に冷え性で手足が冷えるのはその部位に血がきちんとめぐっていないからで、EDで勃起しないペニスが熱くならないのもそれと同じです。

また、アルギニンとNOの効果で全身に血液が巡ってくれば体中が温かくなるので、代謝が高まって痩せやすくなります。

ちなみに生活習慣病や肥満の方にEDが多いのは動脈硬化やコレステロールで血管が縮まったり圧迫されているからで、そういう方ほど精力剤を使うのがお勧めです。

以上のことからアルギニンは精力回復にも健康維持にもお勧めなんですが、精力剤の成分がアルギニンだけでは物足りません。

アルギニンだけでなく、「シトルリン」も配合されているのが望ましいです。

精力剤で勃起力が高まる仕組み

なぜならシトルリンは体内でアルギニンに変換され、アルギニンもシトルリンに変換され…というサイクルを作る相互作用があるからです。

先述のNOもこのサイクルのなかで産生されるものなので、体内で直接アルギニンを増やす材料のシトルリンが増えればそのぶんNOの産生効率も高まります。

なので、アルギニンだけ1000㎎配合されている精力剤より、アルギニンの量がそこそこでもシトルリンと一緒に配合されていた方が望ましいです。

アルギニンとシトルリンがたっぷり配合された精力剤を探したいのなら、下記のサイトを参考にするのがお勧めです。

精力剤セレクト~スレッドで見分ける本物の精力剤~


Top